FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.24

あの大雪の日

2/8(土)朝7時ごろまだベッドの中でゴロゴロしていた私は定期的
に下腹部に痛みがあるな~と気が付いてはいた。でも、まだ予定日まで
2週間もあるし、ただ下腹部が痛いだけで陣痛じゃあないでしょ、と
決め込み引き続きベッドでゴロゴロ

でも、やっぱり痛みは定期的にやってくる…。もしやこれが陣痛?
半信半疑のまま痛みのやってくる間隔を携帯にダウンロードしてあった
「陣痛時計」で計ってみることにした。間隔は5-6分で定期的に痛む。
痛みはそれほど強くはないけど痛みの間隔が既に5-6分ってかなり
陣痛が進んでないか

ようやく焦り始め起き上がろうとした瞬間に何か生温かいものが結構な
勢いで流れ出る感じがした。わ何?もしかして破水しちゃった?!
急いでトイレに駆け込んだけど自分ではそれが何なのかはっきり分から
ない。でも多分、これが破水だと思いまず病院に電話をしてみた。陣痛
らしきものが来ていること破水したかもしれないことを伝えた。もし破水
だったら流れているものが止まることはないからこのままあと1時間くらい
流れが止まるかどうか様子を見るように言われた。続いて母に電話を
すると母はいますぐに病院に行かないとダメ!この天気だしもし陣痛じゃ
なければ帰ってくればいいんだからというので病院にあと少し様子を見る
ように言われたからあと少しだけ待ってみると伝え、事前に登録していた
「陣痛タクシー」に連絡をして状況を確認してみようとした。でも電話が全然
繋がらずこれじゃあ事前登録の意味がないと怒っていたら電話が繋がり
雪の影響で配車に30分程度かかりますとのお返事。そうこうしている間に
病院に言われた1時間になろうとしていたのでまた病院に電話を入れて
雪の影響で病院に行けなくなると困るので入院させて欲しいと伝えて
陣痛タクシーにも配車をお願いした。

タクシーは30分もしないで来てくれた。慌ててやって来た母とニムと一緒に
まとめておいた荷物を持って病院に向かう。安全運転をお願いしていざ出発。

未明から降っていた雪であたり一面雪景色でキレイだったこの時はまだ
のんきにそんなことを思いながらタクシーに乗っていた。幸い、交通量も少なく
て1時間弱で病院へ到着、この時午前11時頃。タクシーを降りようとした時
また大量に液体が流れ出るのを感じてこれ絶対に破水だ!と確信した。

無事に病院へ到着していて良かった~と心から思った

長くなったので続く…
スポンサーサイト
Comment:0
2014
01.29

臨月

臨月を迎えとうとう妊婦生活も終盤になっちゃった
初の妊娠で妊婦になるというのは想像を超えて素晴らしい経験だった
のでお腹の大きな自分とももうすぐサヨナラかと思うと寂しい気がする。

マイナートラブルはあったものの、私自身は健康で楽しい妊婦生活を
送れたしオリーブちゃんも問題なくここまで一緒に頑張ってくれたことに
感謝、そして、もちろんニムにも家族にも感謝の気持ちでいっぱい 

私のお腹はやっぱり母の言っていた通りあまり大きくならなかった。
だから臨月になって大きなお腹を抱えて足元が見えないから気をつけ
なくちゃというのはなかった。これでも十分大きいと思うんだけど、もっと
大きいお腹の妊婦さんはきっと大変だろうなぁ。そんな訳で臨月とはいえ
身軽に動けてしまうせいでついつい動きすぎてしまう。さすがに最近は
疲れを感じるしお腹も張ってしまうので、こまめに休憩しているけど。

そして、引っ越しを明後日に控えているせいでうち中が段ボールだらけ!
毎日ちょっとずつでも荷造りしておいて良かった~。荷造りが苦手な私は
もちろん引っ越しの荷物を作るのも億劫・苦手で今日でようやく終わりが
見えてきてホッとしている

引っ越し当日は週の健診で初のノンストレステストを受けてくる。
オリーブちゃんの心拍と私の子宮収縮の様子を観察するらしい。
37週を過ぎればもういつ生まれてきてもOKなはずなので、私がオリーブ
ちゃんと対面するのはいつごろになりそうかある程度は分かるのかな?
               
                  ドキドキ

引っ越しやさんが来る時間と私の健診がもろに重なっているので当日は
頼りになる我が妹がニムと一緒に引っ越しの監督をしてくれるので心強い。

さぁ、残りの妊婦生活も残すところあと数週(?)このまま元気で過ごせる
ように頑張るぞ



Comment:0
2014
01.24

入院準備②

①の続き

結構持って行く物がある。。。

【赤ちゃんが生まれた後の入院生活に必要な物】

 洗面用具、入浴用品 (シャンプー・ボディソープ・ナイロンタオル)
 バスタオル (2枚) フェイスタオル (2枚)
 上が長めのマタニティ・パジャマ (分娩用に入れたパジャマともう一組)
 ティッシュ (1箱)
 授乳用ブラ (2枚) 授乳用ではないキャミソールにカップがついたもの (1)
 授乳用パッド (20組)
 ガーゼハンカチ (5枚)
 赤ちゃんのお尻ふきカット綿 (1パック/360枚入り)
 タッパー (1個) お尻ふきをお湯で温める時に使うものと予想…
 生理用ナプキン (大きさ違いを10枚位)
 コンタクトレンズ・乾燥予防にマスク・携帯充電器・羽織りもの・予備バッグ
 メモ帳と筆記用具
 スプーン (きっと甘いものが食べたくなるはず)
 赤ちゃんの退院時の衣類 (短肌着・コンビ肌着・2ウェイオール・靴下・防寒着)
 退院時に着る私のニットワンピース

ざっとこんな感じで荷造りをしたけど、足りない物があれば後日家族にお願いして
持ってきてもらうつもり。パジャマやタオルは汚れたらコインランドリーで洗えるし
たぶんこれで大丈夫

その他に【書類関係】は以下が必要

 健康保険証
 診察券
 印鑑
 母子手帳
 病院からもらったパンフレット (2冊)
 先天代謝異常検診申込書 (未入手)
 入院申込書 (未入手)
 バースプラン (これからゆっくり考えて書く予定)
 同意書 (未入手)

引っ越しで病院までの道のりが遠くなってしまうので、忘れ物には要注意

なかなか大きな荷物になりまして…退院時は赤ちゃんも一緒だから一人じゃ
大変すぎる…。家族のみなさんご協力ありがとう
Comment:3
2014
01.22

入院準備①

もうそろそろ臨月に入るのでいつ入院になってもいいように病院に持って
行く荷物をちょっとづつまとめていたのだけどようやく終わりそう~。

以下、持っていく物リスト

【分娩時に必要な物】
病院からの指示でこれらは他の荷物と分けて別のバッグへ入れてある。

 上が長めで1枚でも着られるパジャマ (1)
 フェイスタオル (2)
 スリッパ (飛行機でもらったアメニティを持参)
 ストロー付きのペットボトルの蓋 (とても便利だとネットに載っていた)
 産褥ショーツ (4) (1枚はいざ入院の際にはいてこいと指示されている)
 お産用ナプキンM/L (各1)
 ゴルフボール (2) (陣痛時に腰やお尻にあてると痛みが和らぐらしい)
 ペットボトルのお茶とお水 (3)

産褥ショーツもお産用ナプキンもその存在すら知らなかったけど、妊婦に
ならなければ一生存在を知らなかったに違いない…。

あとはウィダーインゼリーのようなものがあると良いみたいなので追加で持って
行くことにする。体力消耗するだろうからチャチャっと栄養補給にいいかも。

②へ続く
Comment:0
2014
01.20

穏やかな日々

早めの産休に入らせてもらってから早いものでもう1ヶ月

朝は6時にニムを見送って、そのまま起きて活動し始める日もあれば
また寝床に戻ってアラームもかけずそのまま眠ってしまうこともある。
なるべく規則正しい毎日をと心がけているけどこのところ朝ごはんの
時間もバラバラ~。でも、やっと手に入れた自由な毎日、もう少し好きに
させてもらおう~っと

平日の洗濯物も布団干しも掃除機がけも今までずっとしたくても
出来ずにいたこと。それが今すべて出来る環境になってなんだか夢の
よう…。そんな大袈裟な!と思われるかもしれないけど平日の家事は
私の憧れだったので【産前産後休暇】はとても有難く感謝しなければ

暖かな部屋の中で好きな音楽を聴き、コーヒーを飲みながら生まれて
くる自分の赤ちゃんのためにチクチクとオムツを縫うなんていう日が
この私にやってくるなんて想像さえもしていなかったよなぁ。。。
人生何があるか分からないって言うけど、本当にそうだわ
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。