FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012
05.06

鉄砲水の被害

Category: ネパール
ネパール第二の街ポカラから北へ20km、トレッキング客に人気のある村を流れる
Seti河で大規模な鉄砲水が発生。これまでに死者17名、ウクライナ人トレッカー2名
を含む47名が行方不明者になっている。河の近くの集落もまるごと流されてしまった
らしいと昨日ネパール人の友人が教えてくれた。当初はアンナプルナ山の氷河湖が
決壊したせいで今回の鉄砲水を引き起こしたと言われていたみたいだけど、どうやら
それは事実とは違うらしい。(氷河湖とは、地球温暖化で溶け出した氷河の水が
溜まって出来た湖)このSeti河の源流付近で発生した土砂崩れにより流れが数日間
せき止められてしまい、溜まりに溜まった水が溢れ出て、鉄砲水となり集落を襲った
ということらしい。無防備な村や村人、河の土手で休憩していたトレッカー一瞬にして
流され命を奪われ、どんなに無念なことか…。

この鉄砲水での被害は土砂崩れが原因とされてはいるけれど、本当にそうなのか。
やっぱり地球温暖化に起因しているような気がしてならないけど…。

ネパールでも地球温暖化は深刻で、気温の上昇にともないヒマラヤの山々のあちこち
で氷河が溶け出し、氷河湖がいくつも形成されている。それらの湖が決壊し洪水となれば
下流にある村々もそこの人たちも丸ごと全て押し流され大変な事態になってしまう。
そのような事にならないよう研究チームが監視をしているけれど、具体的な処置を
しなければ遅かれ早かれ決壊すると思う。 この氷河湖の問題をずっと以前から提唱
している登山家の野口健さんは現在ネパールにいて、鉄砲水が起こった現地へ向か
っているらしいので、健さんのブログやTwitterを通して詳細が分かるのは有り難い。
ネパールのこういうニュース、日本ではほとんど報道されないから…。

日本での竜巻被害といい、自然相手にはまるでなすすべがない人間。
地球を散々いじめた報いが色々な形になって人間に襲い掛かっている気がする。
スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。