FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
12.31

引っ越し屋さん決定

Category: 私たち
先日の引っ越し屋さん【見積もり対決】の結果、一番安い料金を提示して
くれた大手A社に決定 あとは1/31までにゆっくり準備するだけ。

見積もりに来てくれた営業のお兄さんもビシっとしていて礼儀正しかったし
そこまで安くしてくれるのというぐらい安くしてもらってその場で即決を
条件に最終的に4.2万円になった。もちろん、洗濯機の処分代込みで。
あと、私がこれはいいな思ったのは引っ越しの際に面倒な梱包がとても
楽ちんそうだったから。通常は食器の梱包は一枚一枚新聞紙に包まないと
いけないしかなり面倒だけどこの会社の〇〇ボックスを貸してもらえば
新聞紙に包む必要もなくそのまま詰めるだけ。これはかなりいい 
面倒な梱包が楽に出来そうなのがポイント高かった。

A社の30分後くらいに来たS社、見積もり金額も高く営業の人もあまり
やる気なさげ。そして、なぜかA社が先に見積もりに来ていたことを知っ
ていて怖かった…。なんで知ってたんだろう…。もしかするとあのやる気
のなさは私がもうA社に決めていることを知っていて? 見積もり額
からどんなに頑張っても7万切れるかどうかと言われ、それ以上は無理
ですね…、という感じだったので分かりましたと言って撤収してもらった。
(訪問見積もりを依頼するとお米1㌔差し上げますのうたい文句通り、
営業マンのバッグからお米が出てきて、こちらどうぞと言われたので遠慮
なく頂いておいた。)

そして、一番最初に見積もりをお願いしたD社、A社に決定をしたその日
の夕方、全部込み込みで4万円ですねと明るい調子で電話がきた
お兄さん、タイミングが悪かったよぉぉぉ、もうA社に決めてしまったのよ~。
A社がまだ梱包資材を置いていっていなければA社をお断りすることも
出来たのだけど、ちょうどA社の営業の人が梱包資材を一式持ってきて
いるので、ゆっくり梱包を始めてはどうかと置いていってくれてしまったため
この期に及んで「やっぱりすみません」とは言えそうになく、D社にはお詫び
をして引っ越し屋さん選び終了

ネットで引っ越し業者10社に無料見積もりをしてもらうというのを利用したら
その後の営業メールと電話がすごくて対応するのが大変だった。

お正月が終わったら毎日ちょっとづつ荷造り始めるぞ~
スポンサーサイト
Comment:0
2013
12.29

両親学級

先週の土曜日、あまり行きたくなかったニムをどうにか説得して、と、言うより
物で釣って両親学級に参加してみた。

ニムが行かなくても私は絶対参加だったので一人でも行ったけどニムが一緒に
来てくれて良かった。1時~4時と時間も長かったから余計に助かった~。
でも、長いなぁと思っていた3時間も終わってみればあっと言う間だったけど。

場所柄?なのか私たちの他にも日本人妻+外国人夫のカップルやご夫婦共に
中国出身の方もいた。主に助産師さんのお話と陣痛~入院~出産~退院までの
流れをビデオで見たり、マットレスの上で呼吸法の練習などをした。

おかしかったのが中国出身のご夫婦の奥さん。どうやら赤ちゃんが逆子らしく
日本語がよく分からない奥さんに代わって旦那さんが助産師さんに「逆子体操」
のやり方を教えてもらっていたのだけどこの体操、床に四つん這いになって腕を
どんどん身体から遠ざけていき最終的には胸を床にくっつけるような恰好でお尻
を高く突き出す格好になる。助産師さんもこの体操は結構大変ですよ、と言って
いたのだけど奥さんは日本語が分からないので涼しい顔。体がやわらかくないと
出来ないと助産師さんが説明したら旦那さんが「硬い、硬い」と。奥さんは体
がとても硬いと言っていた。確かに、助産師さんの指示で他のみんなが「あぐら」
をかいていたのに対してこの奥さんだけはお姉さん座り。助産師さんの「体が硬い
と難しいかもしれませんね~」の言葉に旦那さん一人が絶望的な顔をしていた
奥さんどうにか逆子が治るといいんだけど、体操以外の方法で

ニムは出産には立ち合いたくないそうでなので私も無理強いするつもりはない。
でも、オリーブちゃんが生まれるその瞬間には一緒に感動を味わってもらいたいな~
と思うんだけど、まさかぶっ倒れちゃったりしないだろうかとちょっと心配も…
Comment:0
2013
12.28

Happy Anniversary☆

Category: 私たち
今日は私たちの結婚記念日

まだまだだけど

これからもずっと一緒に結婚記念日のお祝いができますように

最高の旦那さんでいてくれてありがとう。




Comment:0
2013
12.27

引っ越し屋さん

Category: 私たち
先日、引っ越し業者1社に訪問見積もりを依頼して見積もりの結果
きっかり5万円という数字を出してもらった。

引っ越しの際に問題なのは今の部屋の前の道が狭く、普通乗用車と
自転車1台がぎりぎりすれ違うことができる位の幅しかないこと。
そのような訳で引っ越しのトラックも大型は無理で小さ目2台になる
ようでお値段も高めということらしい。

引っ越しの予算は4-5万なので、この会社の見積もりも悪くはないな
と思ったのだけど、忘れていたことが1つ。うちの洗濯機はとても古くて
(98年製)この際処分をしてしまいたい。だけど「家電リサイクル法」
に則って処分すると5千円くらいかかる。そうするとその分は予算
オーバーになってしまうのでどうにか洗濯機の処分代も込みで5万円に
ならないか見積もりをしてくれた担当者に交渉中。自分の一存では決め
られないとのことなので現在回答待ち。

1社だけで決めてしまうのもなんなので、本日これから3社が時間差で
訪問見積もりに来る予定。大手2社とあまり知らない1社だけど、果たして
見積もりの結果は… 

見積もり結果はまた後日

(ちなみに我が家は1階、間取りは1K)



Comment:0
2013
12.20

仕事納め

Category: わたし
本来の産休開始日より3週間ほど早めに産休に突入~。
有給が残っていたのと、最近はお腹が頻繁に張るのと、そして何より
この仕事は精神的に強いストレスとプレッシャーがあるのでオリーブちゃん
に悪影響を与えないためにもこの辺でゆっくりさせてもらおうと思い晴れて
本日仕事納めとなった。

この開放感が素晴らしい~
あぁ嬉しい~

自分で言うのもなんだけど、本当に頑張ったと思うのでお疲れ自分
褒めてやりたい気分。

さぁ、来週から何をしようかな~。ざっと思いつくのはこんなこと…

■ 大掃除
■ 入院準備の荷造り
■ 録り貯めた海外ドラマを一気鑑賞
■ 編み物教室
■ おむつ縫い
■ ニムに美味しい夕飯を作る 

そして、毎日忘れずに1時間ぐらいは散歩をしなくては。
まずは歩きやすいスニーカーを1足、自分へのご褒美で買うつもり
Comment:0
2013
12.17

銭湯へ

Category: ニム
ニムのネパール人の友人Dさんの住む部屋にはシャワーしかなく
どうしても温かい湯船に浸かりたい!銭湯に行きたい!という話に
なったようで、ニムも日本の銭湯を初体験してきた

感想はお湯がものすごく熱いそのお風呂屋さんのお湯の温度
は45℃だったと言っていた。熱いお風呂が好きなニムもさすがに
45℃は熱すぎだったらしい。それでも、なんやかんや1時間以上
お風呂に出たり入ったりして楽しんだらしい。銭湯に入るマナーと
してタオルは湯船に持ち込むべからず!そして、お風呂上りは冷た
い瓶の牛乳を飲むべし!と教えておいた。残念ながら風呂上りの
冷たい牛乳は飲まなかったと言うので、今度は絶対に飲んでみて
と勧めておいた。あんなに熱いお湯に入った後で冷たい牛乳を飲む
のは身体に良くないと思ったらしい(笑)

昔、私の祖母の家は東京下町の商店街にあり住居は長屋でお風呂
なし。その代わり、祖母の家の斜め前がお風呂屋さんで祖母の家に
泊まりに行くときは叔母たちと一緒にいつも銭湯に行っていた。お湯
が熱いので、子供のころは冷たい水が出ている蛇口のそばから
そろーり、そろーりと足から入って徐々に肩までつかる方法で熱~い
お風呂に入っていた。なんと言ってもお風呂に行く最大の楽しみは
お風呂上りの冷たいジュース、私と妹は「パンピー」という飲み物を
いつも飲んでいた。(今もあるかな?)それは、それは美味しかった
大人になってからも何度か銭湯に行ったことがあるけど、たまに番台
に座っているのが普通のおじさんだったりしたことがあってびっくり
私の中では番台に座るのはおばさんかおばあちゃんしかいないと
思っていたのでかなり抵抗があり、それ以来行かなくなってしまった。

今も銭湯のあの熱~いお湯に入りたいなぁとたまに思うけど、妊婦は
お断りされるお風呂もあるようなので、私は自宅で熱めのお風呂に
入るということで我慢しよう。そしてお風呂の残り湯がもったいないの
ですかさず洗濯に利用が毎回のコース。バケツでお湯を洗濯機に
移す作業が腰にくるし。。。(最近はニムの出番)だから、引越し先の
新しい部屋の追い炊き機能が本当に嬉しい私とニム
Comment:0
2013
12.13

助産師さんとのお話

妊娠後期に入ったので先週、助産師さんと2人だけで話をする30分の
「マザーケア」に行ってきた。

私の腹囲は2週間前から4.5cmも大きくなっていた(ちょっと増えすぎ
じゃない?と思ったけど助産師さんからは何も言われず)。
そして子宮底長も前回よりプラス2cmとなってオリーブちゃんの成長も
順調な様子。私の体重は2週間前と変わらずだったので、助産師さんに
その調子でよしと褒めてもらった。わーい。と、いうか妊娠が分かった時
にすでに人生MAXのデブだったので体重は出来れば増やしたくなくむしろ
減らした方が自分にも赤ちゃんにも良いと思いダイエットはしていないけど
「量より質」を心がけて食事をしていたので体重の増加は今のところナシ。

助産師さんいわく、仕事をしているうちは通勤やなんだかんだで結構動い
ているのでこれから産休に入って、油断しないように!だそう。私は通勤
時に運動がてら片道30分弱は歩いているので平日は最低でも1時間は
動けている。産休に入ったらこれを散歩に変えて毎日続けなくては。。。
そうでなくてもこれから年末年始でイベント盛りだくさん、どうしても体重が
増えてしまう妊婦さんが多くお正月明けの健診で「警告」になることも多い
そうで…。私もそうならないように気を引き締めなくては~。誘惑が多い
年末年始をはさむ妊婦生活ってまさに自分との戦い…完敗しそうだけど。

最後に助産師さんに足はつらない?と聞かれ、この間の夜のことをハッ
と思い出した。寝ていたら急に左足のふくらはぎがつって超激痛に見舞わ
れた。ギャーと叫んだのかどうかも覚えていないけどニムが慌てて起きて
「どうしたの?どうしたの?」と話しかけてきたので、必死で「足が…足が…
痛いぃぃぃ…」と伝えたら足がつったんだと分かってくれ、すぐに足をギュー
と引っ張ってくれた。ニムがいてくれて本当に良かった、助かった~。
そして翌日は寝る前にオイルで両ふくらはぎをマッサージしてくれた♪
それにしてもあの痛みは何?!妊娠中によくあると聞いたけど、あんな
痛いのが頻繁に起こったらたまったものじゃない!なぜ起こるのかは
まだ解明されていないらしいので、ぜひとも早く解明を~。
Comment:2
2013
12.10

引越し

Category: 私たち
8年間住んだ今の部屋とは来年1月いっぱいでお別れ。寂しいぃ~

8年前、部屋探しをしている時もうこれ以上は良さそうな物件はないかなと半ば
諦めてかけていた時、ちょうど通りかかった不動産屋さんに張り出されていた
のが今の部屋の写真と間取り図。早速、見せてもらいすごく気にいって即決。
あれから8年、冬はちょっと寒いのが難点だけど広々していて静かで住みやすく
ご近所さんにも恵まれ住環境は最高だった。ニムが日本にやってきてからも
2人で住んでも十分で、本当に大~好きな部屋だった。そんな大好きな部屋
だけど、これからオリーブちゃんが生まれてて家族3人になるとちょっと手狭に
なってしまうので近所で少し広めの部屋を同じ不動産屋のおばちゃんに紹介して
もらった。でも家賃を抑えるとこの辺りではもう古くて狭い部屋しかなく、ずっと
部屋にいるのに滅入ってしまいそう…。かと言って、私は育休に入ってしまい
収入が激減するので家賃に大盤振る舞い出来る状況ではないし。そんな訳で
残念ながらこの近所での部屋探しを諦めて実家から歩いて4分の距離にある
新築のアパートに引っ越すことになった。

このアパート、実は私たちが決めたのではない。実際に契約するまで一度も
実物を見たことがなかった・・・。毎日のように建築中のこのアパートの前を通る
両親が半強制的(?)に決めてしまった。父のウォーキングコースにあり母と
うちのワンコの散歩道にあるので私の予算を少しオーバーしていたけど「ここ
がいいじゃない、新築だし最高よ!」と母はノリノリ。建築中の進捗状況が毎日
のように語られ、写真が送ってこられ、私もいつもの面倒くさいモードに入って
いたので「いいや~ここで、予算オーバーの分はどうにかなる!」と腹をくくり
1階の角部屋を契約した(私は1階が好き)。初めて実際に見てみた感想は
美しい~!新築ってこんなにきれいなものなのね。まだ外側からしか見られな
かったけど、セ○ス○ハ○スの物件で最新の建材が使われているらしく音も
響かないようになっていてとにかく良いらしい。私が一番嬉しいのは、お風呂が
追炊きできるところ。そして角部屋で隣にも建物がないから陽射しがたっぷりで
赤ちゃんと暮らすには快適そう。実家に歩いて5分かからないというのも嬉しい
けど、この近さが吉と出るか凶と出るか・・・

来週、やっと内覧が出来るようなのでご一行様でぞろぞろ見に行く予定
Comment:0
2013
12.06

赤ちゃん用品 その3 【ベビーカー】

さすがに気が早いかな…と自分でも思ったけど、私の性格上、欲しくなったら
いてもたってもいられなくなり…1ヶ月ほど前にヤフオクで気に入った中古の
ベビーカーが見つかったので買わなくてはいけない一番の大物を早めに手に
入れて気が楽になった

私の勤務先周辺にはベビー関連商品を扱っているお店が多くあってどうりで
ベビーカーを押してるママさんたちが多いわけだ、とついこの間気づいた。
自分が妊婦になるまでは世の中にこんなに子連れママや妊婦さんがいるんだ
と気が付きもしなかったのに。

ベビーカーを買おうにも、ベビーカーについての知識が皆無だったので会社
帰りに某有名ベビーカー・ブランドのお店に立ち寄ってみた。最新のベビーカー
が色々と並んでいたので、お店の人に一番人気のベビーカーはどれですか?
と質問すると、お値段が一番高い6万円以上もするものだった。ひゃ~、高い
そんなに高いとは思わなかったのでかなりびっくり。でも、機能も至れり尽くせり
それじゃあその位のお値段でも仕方ないと納得させられた。しかーし、我が家に
はベビーカーにそんなお金を費やす余裕などないので、ピカピカのベビーカー
たちを横目にみながらパンフレットだけもらって退散。ヤフオクの出番になった。

私はもったいながりなので、どうせ新品を買ってもガンガン使えないなと思い
初めての子に使うのにケチって申し訳ないと思いつつも中古でとした。中古
でも問題なく使えて、キレイな物がたくさん出品されていたので、あれもいい、
これもいい、としばらく悩んだけど、私が気に入ったのはこれ

DCIM0394_convert_20131204123057.jpg DCIM0395_convert_20131204123121.jpg

黒地に小さな水玉がかわいいし、刺し色のも気に入った。新生児から2歳くらい
まで使えるモデルで、汚れもなくきれいなもののようだったのであっさりこれにして
しまった。幸い、他にこれを狙っているライバルもいなかったのですぐに落札となり
それから数日後我が家に届いた。ニムと一緒に箱から出してみたものの、折り畳
んである状態のベビーカーを広げるのに何をどうして良いものか分からず、二人
で格闘の末、説明書があるじゃん、と気づき説明書を見てようやく広げられた

ネパール人はベビーカーは使わないそう、だからニムにとっても初の代物で使い方
なんて分かるわけない。そうよね、ネパールにはまだまだ未舗装の道がたくさんだし
舗装されていてもそこらじゅうデコボコ・・・。ベビーカーを使っていたらかえって危険
だわ。でも、ニムはこのベビーカーを気に入ったらしくきれいに使って、私たちが使い
終ったら、ネパールに持っていって誰かにあげようよと言っている。あげるのはいい
けど、誰にあげるんだ

本体は隅々まで拭いてきれいにして、布製部品は全部取り外してニムがお風呂場で
ジャブジャブ洗ってくれた。洗剤で洗ったら結構汚れていたのでしっかり洗って、陰干
しして、また布製部品を元に戻したら、とってもきれいになった。洗って愛着もわいた
し、来年暖かくなったらオリーブちゃんを乗せての試乗が楽しみ


Comment:0
2013
12.03

孫・ラッシュ

Category: 家族
来年1月と2月はニムのお母さんにとって孫・ラッシュ

誰が一番早いかは分からないけど、ニムのすぐ上のお兄さん
(と、言っても私より大分若いと思われる…)のお嫁さんが第2子を
出産予定、そしてニムの一番上のお兄さんの長男(すなわちニム
の甥っ子、ついこの間結婚したばかりで年は20歳を出たくらい)の
お嫁さんにも第1子が誕生予定。そして私。ニムのお母さんには既
に十数人の孫がいるので、来年早々さらに+3人になって大家族
がますます大家族にとは言っても、みんなそれぞれ自分の家を
持って暮らしているので、一つ屋根の下というわけではないけど。

つい数ヶ月前、ニムのすぐ上のお姉さんもやっとお嫁に行った。
(私に言われたくないでしょうけど…)このお姉さん、と言ってもこれ
また私より大分若いんだけど、ネパールの田舎ではとても珍しい
ことに、30歳を過ぎてもお嫁には行かず、お母さんと妹と暮らして
いた。そしてこのお姉さんがお嫁に行ってしまってから、家畜の水牛
のお乳を絞れる人がいなくなってしまってお母さんがチャ(紅茶)に
ミルクを入れられなくなって困っているとニムに電話で話していた
そうで水牛はこのお姉さんにだけおとなしくミルクを絞らせて
いたそう。今はどうなったかしら

私も育児休暇中にオリーブちゃんを連れてネパールのニムの村に
里帰りを実現させたいと常々思っている。カトマンズまでなら問題
なさそうだけど、1歳前後の赤ちゃんを連れてネパールのド田舎の
村までたどり着けるのかはやっぱり不安に思う。一番の不安は
カトマンズから村までの移動。これさえなんとかなればあとは余裕
だと思うんけど私はネパールの国内線には出来れば乗りたくない
怖すぎて乗れないだから陸路で移動となるとこれまた大問題。
ガタガタ道は大人だってつらい、赤ちゃんには過酷すぎると思われ
るのでどうしたら良いのか。なるべく揺れない乗り物をチャーター
するとか?(そんな乗り物あるのか?)あとは予防接種の問題も
ある。かなりの種類の予防接種をこなさないといけないのね、
赤ちゃんなのにハードスケジュールだわ。と、色々と頭を悩ませ
る要素が多のだけど、ぜひぜひネパールに行ってニムの家族に
ご挨拶したい。そして私はそのまま2ヶ月くらいのんびり滞在したい
なぁ~。叶うといいなぁ~。
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。