FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
03.01

出産その後

Category:
取り上げられたオリーブちゃんは若い助産師さんに体重や身長を計ったり
汚れをきれいに拭いてもらったりするため奥の部屋に退散。そんな様子を
ニムが写真に撮っておいてくれたので後で見ることができた。その写真に
は今にも湯気が上りそうな生まれたてホヤホヤのオリーブちゃんの姿
ニムは私が色んな産後の処置をされている間にきれいになったオリーブちゃん
を抱っこしていたみたい。母も無事に生まれた孫とご対面して涙していたそう。

私はというと分娩台の上でお腹をギューギュー押され胎盤を出されていた。
助産師さんが胎盤を見たいかどうか聞いてくれたけど私は見ないと答えた。
胎盤を見たら吐いてしまいそうだったのでやめておいた。その後、主治医の
先生が切開した傷口を縫合しにやってきた、それはそれでとても痛かった
子宮が収縮する痛みもあり陣痛が続いているような感じで本当にもう精根
尽きていた。よく生まれた我が子を見ると産んだ痛みなんてすぐに吹っ飛ぶ
と聞いていたけど私はちっとも吹っ飛ばなかった。あまりの痛さに陣痛~出産
がすでにトラウマ化していてもう絶対に赤ちゃんは産まないと思った。今でも
あの時のことを思い出すと痛みが蘇ってきそうで怖い…

しばらくするとニムが分娩室にきれいになったオリーブちゃんを連れてやって
きた。そしてオリーブちゃんを私の隣に寝かせてくれた、とても温かい
すっかりきれいになって気持ちよさそう

助産師さんがデジカメで分娩室の私たち3人の写真を撮ってくれて退院前に
渡してくれたんだけどこの時の私の顔のひどいこと、ひどいこと、絶句
記念にはなったけど人には絶対に見せたくない一枚となってしまった…。

分娩室に入ってから約1時間半での出産だったので入院から8時間ほど。
うちの母には負けるけど初産だったのにかなり安産だった。めでたし
スポンサーサイト
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。