FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
04.16

家畜たちのその後

Category: ネパール
実家には番犬の「マウンテン」、鶏数羽、ヤギ2頭、水牛1頭がいた。

鶏は自由にその辺を駆け回りいかにも健康で大きかったのだけど私たちの滞在中に

たくさん頂いてしまったため最後は見当たらなくなっていた…。でも、大丈夫、ニムの

お兄さんは養鶏場を持っているからきっとそこから補充されたはず 

実はお義母さん、結婚のお祝いにと私とニムのために村の人たちも呼んでパーティー

をしてくれようとしていたらしいのだけど、私もオリーブちゃんも着いて早々にダウンした

ため計画は没になってしまった。その時に1頭いる水牛をふるまってくれようとしていた

らしい。前にも書いたけど、この水牛はおばかでニムの妹しか人を寄せ付けず扱いにくい

奴だった、そんなこともあってかお義母さんはこの水牛を食べてしまおうと思ったらしい。

あんなに大きな水牛をどうやって屠るのかちょっと見てみたかったような気もするけど

見なくて良かった気もする。結果的にこの水牛はそのまま生かされることになったけど

私たちが帰国した後しばらくしてやっぱり屠られて人々の胃袋におさまることになったそう。

水牛は「モモ」の具として食べたことがある、肉の味も「牛」とは違うけどそれはそれで

美味しいので村ではどうやって食べたのかしら、新鮮な水牛のお肉私も頂きたかったわ。

そしてついこの間、2頭いたヤギのうち1頭が「チーター」に襲われて食べられちゃった

と妹から報告があった。ヤギが襲われたことよりなにより「チーター」が出ることの方に

驚かされた あの村にはそんな危険な動物がいるのか、何も聞いてなかったぞ 

私も襲われるかもしれないから今度行く時は屋外にあるトイレには一人で行けないと

言ったら今まで人が襲われたことはないから大丈夫だよだって、本当か~?

残されたもう1頭のヤギ、かわいそうに相棒がいなくなったからかチーターに襲われそうに

なった恐怖からかその日以来餌をあげても食べなくなってしまったんだとか。そんなヤギを

不憫に思ったお義母さん、新しいヤギの相棒を買いに村まで出かけたと妹が言っていた。

心優しいお義母さん、いいヤギは見つかりましたか~






スポンサーサイト
Comment:0
2015
04.15

ネパールの赤ちゃん事情

Category: ネパール
ネパール滞在3週間分は間に合うように紙オムツを持って行ったのだけど
オリーブちゃんが村で風邪をひいてひどい下痢をしてしまったのでオムツが
足りなくなってしまった。カトマンズにある大型スーパーに行ってみると日本
の「○ミーポコ」も売っていたので、ネパールの物価からすると紙オムツの
値段はかなり高かったけど買ってみた。日本で売っている○ミーポコも他の
メーカーのものより少しゴワゴワしているように感じるけどネパールで買った
ものはさらにゴワゴワしていたので日本で売っている製品をそのまま輸出して
いるのでなさそうだ。他にも外国製のお尻ふきやベビー用品も売られていた
けど哺乳瓶や哺乳瓶を洗う洗剤などよく見ると台湾製の物が多かった。日本
ではベビー用品に限らずあまり台湾製の商品を見かけることがないのでとても
新鮮だった。

ネパールの村では赤ちゃんのオムツはどうしているかというと、それはとても
単純だった。布オムツも紙オムツも一切なし垂れ流しってやつ(笑) 聞こえは
悪いけど赤ちゃんのおしっこやうんちだから大して汚くない。素肌にそのまま
ズボンをはかせて濡れたり汚れたりしたら取り替える、いたってシンプル。
濡れたズボンだっていちいち洗うことはなく、天日に干しておけば良いのだ。
ただ、村は気温が低いから濡れたままのズボンを気づかずにはかせていたら
風邪を引きそうだけど…。面白い光景を見た、ニムのすぐ上のお兄さんのお嫁
さんは使い捨ての紙オムツを屋根の上に干して再利用していた(笑) 村でも
紙オムツは1枚~バラ売りしているそうで、30ルピー(30円強)ほど。紙オムツ
の再利用は初めて見たのでおかしかったけど、使えるなら干して何度でも使う
当たり前なのかも。一体何回くらい使えるのか聞いておけば良かった。でも、
なんだかはき心地は悪そう~、というか痛そう。。。

オリーブちゃんの従妹2人はオリーブちゃんより2か月だけお姉ちゃん、でも
まだあの頃は10か月ぐらいだったのかな。それでも離乳食なんてものは関係
なく茹でたジャガイモや茹で卵をもぐもぐと元気に食べていた。一度、オリーブ
ちゃん用のおかゆをあげたけど、一口食べてプイっとそっぽを向かれてしまった。
ホクホクのジャガイモにはかないませ~ん。大人が食べていたネパール国民食
のごはんと豆のスープだって口にもっていってあげれば食べていたぐらいだから
きっともう大人と同じような食事をしているかもね~。でも、従妹2人ともあの頃
はオリーブちゃんよりだいぶ小さかったな、栄養は足りているのか少し心配に
なったもんだ。赤ちゃんに限らず村の子供たちは日本の同じ年の子供に比べる
とだいぶ小さい気がする。元気に大きくなってくれるといいんだけど…。

ネパールで困ったこと…それはみんなに「おっぱいをあげなさい」と言われたこと。
私はビール飲みたさに授乳を半年であっさりやめ(たいして母乳が出なかったの
もあるけど)ミルクにしてしまったのでネパールにも大量の粉ミルクと哺乳瓶を
持参することになり、母乳だったら(母乳だけで足りるほど出たら)ネパールで
どんなに手間暇省けていたかと思うとたくさん母乳が出るお母さんたちが羨ましい
と思った。なんでおっぱいをあげないかという説明はニムが適当にしてくれたから
しくしつこく言われることはなかったけど、なんでこの母親はおっぱいをあげない
んだろうとかなり不思議がられた。ネパールではかなり大きくなっても授乳をする
のが当たり前のようでお母さんたちもバスの中であろうが屋外であろうがどこでも
授乳していた(笑) 5歳ぐらいになるまでおっぱいを飲んでいる子もいるんだとか。
ネパールのお母さんたち、そんなにたくさんおっぱいが出るのか?

次のネパール里帰りがいつになるか分からないけど、次はだいぶ楽に旅が出来る
ようになっているはず。大量のオムツと離乳食を持っていかずにすむのは嬉しい☆
Comment:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。