FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
01.28

困りごと⇒悪化

Category: わたし
困りごとの原因である叔父さんとようやく連絡が取れた、が、事態が悪化している

ニムがメールで叔父さんに以下の内容のメールを送ってみる。

○○(←私の名前)は銀行が開く前に出勤して、夜は8時過ぎに帰ってくるから銀行に行く
時間がなかなかとれない、振り込みをする金額が確定すればすぐに時間をみつけて振込み
をするので、とりあえず連絡が欲しい。日本人のお客さんが、もし返金されないなら在日
ネパール大使館へ報告すると言っている…。早く連絡を下さい。

実は一番最初に日本人のお客さんに連絡をした時に、もしこのまま返金がないようなら
大使館に報告をしようかと思っていたと聞かされた。でも、私経由で連絡が入り、叔父さんに
返金しようという意思がある事が分かったので今となっては大使館に報告などしないはず…。
でも、ニムのメールでは日本人のお客さんがあたかもこれからそうしようとしている、という
ふうに叔父さんに伝わってしまった様子

以下、メール送信から2日後に来た叔父さんからのメールのだいたいの内容。

連絡が遅くなってすまん。村に帰省をしていてつい先日カトマンズに戻った。
その日本人のお客さんはなぜ750ドルと言っているのか分からない。希望通りに日本語が
話せるガイドに変えたし、トレッキングは無事に終っている。このお客さんは他の日本人の
お客さんからの紹介だったから自分を紹介してくれた日本人のお客さんに対しても申し訳ない
と思って、500ドルを返金することで誠意を見せたのに、なぜ大使館にこのことを報告する
(750ドルの返金に応じないという事)などと言うのか。そういう横暴なことを言うなら、もう
返金はしない

早く連絡が欲しかっただけなのに、話がこじれ叔父さんが返金はしないと言い出してしまった。

これは私のニムへの伝え方がよくなかったんだと思うお客さんはもし、このまま連絡もなく
返金もないようなら大使館へ報告するつもりだったと過去形で言っていたのに、叔父さんには
約束の750ドルを返金しないなら大使館に言うぞ!と脅しのように伝わってしまったのではないか。
そうだとすると、これは私にも責任があるから叔父さんにもう一度正しく伝えなおさなくては…。
もしかすると、「な~んだそうだったのか、では750ドル払うよ」となるのではないかという期待も
込めて。結局、ただ振り込みをするというだけでは終らず、厄介な事に首を突っ込んでしまった。

とほほ
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。