FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
07.31

7月のおさらい ④

Category: 私たち
さっそくバイトの帰りにハローワークに行ったニム、私が書いて渡した職種のメモを担当者に
見せてこういう仕事はありませんかと尋ねたところ、ちょうど1件ヒットする職種があって
その会社がハローワークに近かったということもあり、そのまま面接に行ってしまった。その
会社の採用担当者と小一時間話をして(よくそんなに話すことがあったもんだ、しかも日本語で…)
その後の事はまず私(妻)の同意を得てからということになった。私が会社から帰ったら、ニムが
仕事が決まったよ~と言うではないか早いよニム展開が…。

ニムがもらって来た紙を見ると、給与、就業規則や注意事項その他色々と書いてあって、その内容
には問題なかったけど、仕事をするにあたり、制服や安全靴、その他諸々と買い揃える必要がある
物があって、全てその会社で発注してくれるということだったけど、全部揃えて総額3万円を超える。
初期投資にしては高すぎる!だって入社から3ヶ月はまだお試し期間なんだから、その間は色々な
物を揃える必要がないように貸し出してくれればいいんじゃない?そして、晴れて入社するという
ことになれば、自分の道具を揃えればいいのに。そこにちょっと胡散臭さが感じられ、う~む、
どうしたものかと思っていたけど、ニムはもうやる気満々で3日間仕事をすればとんとんだからと
言うから、最後はニムがやりたいと思うならいいよと返事をして折れた。そして、私もその採用
担当者の方とお話をしてみたところ悪い人ではないようなのでニムのことをお願いしますということ
になった。2-3日後にニムが重そうな大きなバッグをもらってきた、中身は制服(作業服)、安全靴、
その他よく分からない道具が色々と入っていた。ニムは新しい仕事にワクワク。私が担当者の人と話し
をした時に本来は週末に仕事はないけど日曜日にたまたま仕事があるので、試しに来てみたらどう
だろう?ということになった。でも、その仕事内容はこれから就く仕事とは関係ないというので、
私としてはこれからやる仕事と違う仕事ならわざわざ日曜日に行かなくてもいいんじゃない、すごく
暑いんだし…。とニムに言ってみたけど、ニムは行ってみるというので日曜日は朝からお弁当を作って
送り出した。くれぐれも気をつけてね、と何度も念を押して。

集合は朝7時、ニムはちゃんと間に合ったと集合場所の駅から一度電話をくれた。その日の仕事の
終了予定時間は夕方5時。休みの日はニムと一緒にいるのが当たり前になっているから一人だと
家事以外にやることもなくてつまらない。早く帰ってこないかな~と待っていたけど6時半を過ぎ
ても連絡がなかった。仕事が長引いてるのかな?と考えつつもうしばらく待つことにした。でも
連絡が全然ない、心配になった私はニムに電話をかけてみた。繋がった、ニムが出た。

「ニム~?仕事終わった?まだ?今どこ~?」と質問すると、ニムが英語で
「今日は大変なことがあって、僕とチームを組んで教えてくれた人が作業をしてた4-5mの場所
から落ちて亡くなった…。」と信じられないような事を言った。

「えぇ?はぁ?何?何それ、ニム、今日仕事で何があったのーーーーーーーー?」
もう目の前が真っ白になって、何も考えられなかった。誰かが亡くなったと言ったよね???

悲しいことに、それは本当に起きてしまっていた…。
ニムは朝から夕方まで警察で状況などを聴取をされて私が電話した時は会社の人たちと一緒にうちへ
送ってもらっている最中だった。この間私が電話で話をした人も一緒でその人が私と話しがしたいと
言ってるから、あと少ししたら外に出てきてと言われた。

それから間もなく、ニムが車で帰ってきた。この間話をした人が車外に出てきたので挨拶をした。
「何があったんですか?」と尋ねるとその人が教えてくれたのは、朝、仕事が始まってほんの10-
15分後にニムに作業を教えながら一緒に仕事をしていた従業員の人が作業場所で転落してそのまま
亡くなった。唯一その亡くなった人がどういう状況であったかを知っているのがニムだったので
ネパール人の通訳を交えて警察署でずっと事情聴取をされていたと。その亡くなった人は検死中で
これから死因が特定されるけど、もしかすると転落する前に心臓発作か脳梗塞かで既に亡くなって
いた可能性があるとも言っていた。ニムはかなりショックを受けているし、もうこの仕事は怖くて
出来ないだろうから、仕事は辞めてもらって構わない、揃えた道具もニムのサイズに合わせて発注
した物以外は返品してもらっていいと言われた。心の中でそんなの当たり前じゃ!と思ったけど
その人が悪いわけではなく、不幸な事故だったのだからとぐっとこらえた。

家に戻ってからもう一度ニムに何があったのかを聞いてみた。朝集合した時にその亡くなった人が
ニムを選んで二人でペアになった、とても親切で道具の使い方や安全ベルト(命綱)の使い方を
教えてもらっていたのに、その人は自分自身の安全ベルトを装着していなかった。ニムはその人が
落ちる瞬間を見たけど、自分も高い場所にいたからすぐに下に下りることは出来ず、大声で他の人
を呼んだんだけど、他の人が来たときにはその人はもう亡くなっていて耳か頭かから出血していた。
それからすぐに救急車がきてその人を運んでいった。ものすごい数の警官がやってきてニムも警察
に行き、派遣されてきたネパール人通訳を介して自分が見たこと全部を話した。
これが7/7にあった出来事。その日は七夕、珍しく雨も降っていないから(早々に梅雨明けして)
天の川が見えるかも~、でも東京じゃ無理か、なんて思いつつ始まった日だったのに…。

(長くなったので続く。)
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。