FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
02.24

あの大雪の日

2/8(土)朝7時ごろまだベッドの中でゴロゴロしていた私は定期的
に下腹部に痛みがあるな~と気が付いてはいた。でも、まだ予定日まで
2週間もあるし、ただ下腹部が痛いだけで陣痛じゃあないでしょ、と
決め込み引き続きベッドでゴロゴロ

でも、やっぱり痛みは定期的にやってくる…。もしやこれが陣痛?
半信半疑のまま痛みのやってくる間隔を携帯にダウンロードしてあった
「陣痛時計」で計ってみることにした。間隔は5-6分で定期的に痛む。
痛みはそれほど強くはないけど痛みの間隔が既に5-6分ってかなり
陣痛が進んでないか

ようやく焦り始め起き上がろうとした瞬間に何か生温かいものが結構な
勢いで流れ出る感じがした。わ何?もしかして破水しちゃった?!
急いでトイレに駆け込んだけど自分ではそれが何なのかはっきり分から
ない。でも多分、これが破水だと思いまず病院に電話をしてみた。陣痛
らしきものが来ていること破水したかもしれないことを伝えた。もし破水
だったら流れているものが止まることはないからこのままあと1時間くらい
流れが止まるかどうか様子を見るように言われた。続いて母に電話を
すると母はいますぐに病院に行かないとダメ!この天気だしもし陣痛じゃ
なければ帰ってくればいいんだからというので病院にあと少し様子を見る
ように言われたからあと少しだけ待ってみると伝え、事前に登録していた
「陣痛タクシー」に連絡をして状況を確認してみようとした。でも電話が全然
繋がらずこれじゃあ事前登録の意味がないと怒っていたら電話が繋がり
雪の影響で配車に30分程度かかりますとのお返事。そうこうしている間に
病院に言われた1時間になろうとしていたのでまた病院に電話を入れて
雪の影響で病院に行けなくなると困るので入院させて欲しいと伝えて
陣痛タクシーにも配車をお願いした。

タクシーは30分もしないで来てくれた。慌ててやって来た母とニムと一緒に
まとめておいた荷物を持って病院に向かう。安全運転をお願いしていざ出発。

未明から降っていた雪であたり一面雪景色でキレイだったこの時はまだ
のんきにそんなことを思いながらタクシーに乗っていた。幸い、交通量も少なく
て1時間弱で病院へ到着、この時午前11時頃。タクシーを降りようとした時
また大量に液体が流れ出るのを感じてこれ絶対に破水だ!と確信した。

無事に病院へ到着していて良かった~と心から思った

長くなったので続く…
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。