FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
11.18

眠れぬ夜

Category: ネパール
ホテルの予約サイトで高評価だったタメルにあるホテルを直接メールで予約し
ネパール到着時間やフライトナンバーなどすべて伝えてあったのに肝心な予約
が入っていないとは、どういうことだ?ホテルの主張では私達がキャンセルを
伝えるメールを送ったことになっていた。炎天下の中来るはずもない迎えを
待っても仕方ないのでひとまずタクシーに乗り予約をしたはずのホテルへ行って
みることにした。私がメールでやり取りをしていたマネージャーが留守ということ
だったのでその間に今晩泊まるホテルを確保してそのホテルのロビーで遅れて
空港に迎えにきたニムのいとこのお兄さんと義理のお兄さんと一緒に話をして
いると留守だったホテルのマネージャーがやってきた。相変わらず私たちが
キャンセルしたと主張していたけれど絶対にそんなはずはない。だいたい私は
そんなメールを送った記憶もないし。普段は温厚なニムも長旅の疲れでイライラ
していたのか珍しく声をあらげてキャンセルした覚えはない!と抗議していた。
それでは、そのキャンセルメールを見せてもらおうということになりニムはホテル
のマネージャーと一緒に出ていった。ほどなくして戻ってきたニム、やっぱり
ホテル側のミスだったことが判明。私と同名の人が送ったキャンセルメールを
私からのメールだと勘違いし苗字まできちんと確認しないままキャンセルをして
しまったと言い訳していたとんだミスをしてくれたもんだと怒りたい気持ちだった
けど私はヘトヘトに疲れていて怒る元気が残っていなかった。もうなんでもいいから
部屋でオリーブちゃんを休ませたかったし私たちも少し眠っておきたかった。

誤って私たちの宿泊をキャンセルしたホテルのマネージャーは平謝り
そりゃそーだ!

お詫びに翌日から2泊分を無料にしてくれることになり一件落着。カトマンズ到着
初日からからこんなトラブルに見まわれた私たちだったけどニムの村へ行くため
体力回復をしておかねば、ということで早く旅の疲れをとるべくかなり早めに就寝。
ところがこのホテルが最悪だった…何時ごろだったのだろうか、ホテルのロビー
からなのか客室からなのか外からなのかよく分からないけど大音量の楽器の音
が鳴り響き大声で話す人の声やどこかの部屋で家具を動かしているのか床を
こするキィ~という音、とにかくうるさくて目が覚めてしまいなかなか眠りに戻る
ことが出来なかった。これがホテルなの?と思うほどの騒音で泣きたくなってしまい
さっそく日本が恋しくなってしまった。

翌日、さっさとこのうるさいホテルをチェックアウトし最初に予約したホテルへ移動。
部屋を見せてもらうと広いしベッドも大きいのでなかなか良さそうと思ったのが
大間違い、この夜もまた騒音に悩まされなかなか眠れず、とうとうぶち切れた私

続く
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。