--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
12.22

いざ村へ

Category: ネパール
カトマンズではニムの一番上のお姉さんとその家族に会って美味しいご飯を
ご馳走になったり、叔母さんのうちにご飯に呼ばれたり(私はビールも飲ませ
てもらった)、村へ行くための買い物をしたりして週1便しかない超ローカル
な空港のある村、ルムジャタール行きの飛行機に乗る日を待った。ネパール
はトレッキングシーズン真っ只中で国内線のロビーもトレッキング客で混雑して
いた。でも、私たちの乗る飛行機の乗客は私以外みんなネパール人。観光客
なんて行かない場所なのだ。

カトマンズの中心地より45分くらい行ったところにあるお姉さんのうち
DSC_0735_convert_20141222121832.jpg

ネパールの赤ちゃん お昼寝中
DSC_0737_convert_20141222122010.jpg

虫よけネットの中でスヤスヤ
DSC_0738_convert_20141222122301.jpg

お姉さんちのダルバート
DSC_0749_convert_20141222122519.jpg

オリーブちゃんもお昼寝中
DSC_0788_convert_20141222122727.jpg

ヒンズーの神様とブッダ神様の神棚
DSC_0802_convert_20141222122903.jpg

ルムジャタール行きは週1便しかないのに20人も乗ることが出来ないために
チケットの争奪戦はすごいらしい。でも今回はラッキーなことにチケットが手に
入り陸路で道なき道を延々と旅するのを免れた。私はネパールの国内線は
恐ろしくてできれば乗りたくなかったのだけどオリーブちゃんのことを考えれば
飛行機が一番良いに決まってるので泣く泣く飛行機に乗ることに同意。
朝10時半の便はきっかり10時半にスムーズに離陸。ネパールの国内線が
こんなに時間通りに飛ぶことはかなりレアらしい。というのもこの日この便には
「政治家」の人が乗り込んでいてそのおかげで遅延もなく予定通りに離陸した
ということらしい ニムがしきりに僕たちはすごくラッキーだよと言っていた。
(そう、本当にラッキーだった、と後から分かることに…)

国内線の客席
DSC_0840_convert_20141222123225.jpg

ありがとう、政治家の人
DSC_0839_convert_20141222123106.jpg

小さな小型の飛行機は山の間を進んで行き30分ほどで目的の空港が見えて
来た。オリーブちゃんが泣かないようにあやしながらだったから少しは気が
紛れはしたものの心臓がバクバク、少しでも機体が揺れようものなら悲鳴を
あげてしまいそうだった。天気も良いし問題ない、パイロットだって百戦錬磨の
はず…と自分に言い聞かせなんとか着陸。涙が出るほど嬉しかった。そして
この空港がある場所、不思議なことに山々の合間に平らな大地がぽつりと
と広がっていてそこに空港ができている。人工的に平らにしたのかと聞くと
自然のまんまなんだそう、ここに空港を作ってくれ!と言わんばかりで驚いた。

カトマンズに引き返す飛行機
DSC_0848_convert_20141222123346.jpg

ここからはジープで移動
DSC_0850_convert_20141222123522.jpg

そしてこの空港からはジープの出番。一緒に村に帰省する親戚3人と他の
数人と共にボロボロのジープに乗り込んだ。最初は道もそんなに悪くなく
これなら大丈夫と思っていたけど、それは甘かった。オリーブちゃんはガタガタ
揺れる振動が心地よかったのかエルゴの抱っこでぐっすり眠っていた
道は上に行けば行くほど悪くなりもう笑うしかないというほどで、その辺の
遊園地の絶叫系アトラクションなんて比じゃないぐらい 崖から落ちるん
じゃないかという恐怖は半ぱなかった。そんなすごい道をいくこと2時間
もうその先はジープが入れないという場所まできて下車。てっきりもうニム
の村に到着したのかと思ったらそうではなかった。こんな所で下りても
重いスーツケース2つはどうすんだ?自分たちで運ぶなんてとっても無理
と青くなっていたところ、ニムが荷物はここに置いて行く。あとで誰かが持って
きてくれるから、というので誰かがって誰?と思いつつホッとしながら歩きだした。

続く
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。