FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015
01.27

フーフーおじさん

Category: ネパール
村には医者がいない…ではみんな病気になったらどうするのかというと
大きな病院に行かなくてはいけない重病人はジープで空港まで行き
飛行機でカトマンズまで行く。でも、必ず飛行機に乗れる保証はない、
チケット争奪戦があるから空港まで行っても乗れないこともあるんだとか。
重病人なのに、なんてこった…

お金がある人や急病人はヘリコプターでカトマンズまで行くことも。ニムの
知り合いもヘリで自分のお母さんをこの村からカトマンズまで移送したらしい。
かなりお金はかかるみたいだけど命にはかえられないか。そこまでではない
病人は時間をかけて一番近い大きな村まで数時間かけてジープで行く。
そして風邪レベルではみんな病院には行かず村にいる祈祷師のことろへ
行くのだ「祈祷師」なんて興味をそそられるじゃないか。

ニムの実家のすぐ上にこの祈祷師のおじさん一家が住んでいてニムは
風邪を引いてしまったオリーブちゃんをこのおじさんのところに何度か
連れて行った。私も祈祷師がどんなことをするのかこの目で確かめたくて
ついていった。「祈祷師」はおじさん、特に変わった衣裳を着ているわけでも
なく見た目はいたって普通のおじさん。私のイメージではもっと奇抜な格好
をしているおじさんだったんだけど(笑) 祈祷師のおじさんはお香を片手に
持ちオリーブちゃんの手を握りなにやらオリーブちゃんに息をフーフーと吹き
かけていた。そしてもごもごと小声で何かをささやいてお米や花びらを
オリーブちゃんに向かって撒きなんとも静かにおしまい。これもまたイメージ
だけど私はもっと太鼓を叩いたり火を吹いたりするのかと思っていたので
拍子抜け~ 

なんでもこのおじさんの奥さんはまだニムが幼い時に大病をして死にそうに
なったんだけどおじさんの祈祷のおかげですっかり元気になってあの時に
死なずに今も生きているんだよと聞いた。村の人はみんなこのおじさんの
ところにやってきてはこうして治してもらう。私はこのおじさんが息をフーフー
吹きかけるのがおかしくてフーフーおじさんと呼んでいた。お医者さんも
いなくて私なら不安になるけどこの村の人たちはフーフーおじさんのところへ
くれば安心するようだ。信じる気持ちというのは病気でさえも治すということか。

ふーふーおじさん

DSC_1001_convert_20150126142748.jpg


オリーブちゃん残念ながら薬の飲んでもあまりよくならず相変わらず夜は
ひどい寒さだったのでニムの2番目のお兄さんのうちへ行くことにした。
ニムの実家よりきれいで暖かいというので私の大好きなニムの1番上の
お兄さんの末っ子(11歳)をお供に連れて標高3000mにあるニムの2番目
のお兄さんのうちまで3時間の道のりを歩いて行くことになった。

Subas 11歳 オリーブちゃんをよくかわいがってくれて私にもなついて
くれた 

DSC_1006_convert_20150126142311.jpg


続く
スポンサーサイト

コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。